施工管理技士に挑戦【採用に有利に働く知識や経験】

施工管理はどんな仕事なのか?

主に建設現場で指揮を取る現場監督の業務と、施工プラン作成や予算を組むなどのデスクワークを行ないます。現場で安全に仕事を進め、作業を遅延なく進める監督能力も必要ですが、現場での作業員とのコミュニケーション能力も問われます。

転職活動を採用支援サイトと個人で行う場合の比較

採用支援サイトの場合

求人情報が時間を問わず見られることや、アドバイザーによる個人的なアドバイスをもらえるのが強みです。また、勤務場所を選択して求人情報を探すこともできます。京都や大阪、東京など都市部は求人が多い傾向です。ただ、毎日の求人情報のチェックや自身のサイトを管理する必要があるので、そういったマメさが必要です。

個人で行う場合

一人で行う場合、ハローワークや求人情報誌などから求人情報を集める必要があります。自分ですべて行う必要があるので時間を使い、生活に負担もありますが、採用されたときの達成感も大きいのが特徴です。

施工管理技士に挑戦【採用に有利に働く知識や経験】

男性

施工管理技士に求められる事

現場での作業監督ももちろんですが、作業が滞りなく行えるようにスケジュール作成も大切です。なぜなら作業は屋外で行われることが多く、天候等のイレギュラーな要素で作業が中断し、新たに計画を練り直す必要が発生することもあるからです。そうした対応力も施工管理技士には求められます。

ヘルメットを持つ人

採用に役立つ知識・経験

コンピューターが図面設計等の支援を行うソフトをCADといいます。主に建築や製造業などで用いられるものですが、施工管理技士にも役立ちます。実際、求人情報には施工管理にCAD経験の条件を入れている企業も多くあります。必須ではありませんが、採用の幅を広げる意味でもCADを学んでおくことをオススメします。

資格がなくても補助という形がある

採用されるには施工管理技士の資格は必要ですが、企業によっては施工管理補助という形で未経験者を採用しているところもあります。資格がないからと諦めず、企業に問い合わせをしてみましょう。

広告募集中