ホームドクター┃水漏れ修理や窓の修理はスピードが命

トイレ

快適な暮らしのために

どんどん進化する機能

窓枠は経年劣化します。 窓は、長年使うとだんだん開閉しづらくなります。 これは窓枠が劣化したために起こります。 また、前年までなかったのに結露がひどくなったり、夏場に室温が上がり過ぎる場合なども、 窓枠の劣化が疑われるでしょう。 このようなサインがあれば、それは交換時期と言えます。 きっちり閉まらなくなった窓枠は、開閉しづらくなったり結露がひどくなるだけではなく、 隙間ができて防犯上も良くないでしょう。 窓枠も、年々進化しています。 新築で入った場合、交換するのは5年以上経ってからのことが多いですが その5年の間にも、窓枠の機能はどんどん進化しているのです。 窓枠の交換は、すなわちリフォームです。 ここのリフォームをしておくだけでより快適な暮らしが手に入ります。

簡単な工事と効果

そうは言っても、リフォームには費用がかかって大がかりだというイメージがあります。 しかしここ最近の窓枠交換は、壁を壊したり工事期間中に住み替えをする必要なく、 技術が目覚ましく発達しています。 最も手軽な方法は、今ある枠をそのまま活かし、新しい窓枠をかぶせる方法です。 既存の枠に特殊な素材を取り付け、より進化したものに交換するという作業です。 一か所であれば数時間で完了し、数か所あっても二、三日で完了する簡単な工事のため、 手軽にリフォームしたい場合には大変お勧めな方法です。 より一層ぴったりとした枠にはまるため、隙間風を防止し、結露を防ぐ効果があります。 またぴったりした枠は外からの侵入がとてもしづらく、防犯上の効果もあるでしょう。