英語能力が欠かせない貿易事務【転職で有利に働く】

貿易事務はこんな仕事

貿易に関わる輸出入に関係した事務作業を担当します。輸出業務や輸入業務のどちらかに配属され、外国語の中でも特に英語を用いた電話対応や書類の作成が主な仕事内容です。その為、事務に求められるスピードと正確性はもちろんのこと、語学力も求められる仕事です。英語や外国語に堪能な方にオススメの仕事です。

貿易事務での面接の際重視される点

  • 経験者であるか
  • 有用な資格を持っているか
  • 自己分析が出来ているか
  • 仕事内容を理解しているか

一般事務と貿易事務の違い

一般事務であれば会社の電話対応、データ作成や資料作成など私達が一般にイメージする事務作業が主です。一方、貿易事務は貿易に関する事務作業ですので内容はやや違ってきます。輸入する商品の手続き事務や外部からの電話応対など、輸出入に関する一連の事務作業を行ないます。加えて海外からの問い合わせに応じるわけですから、特に英語の知識が必要となります。

貿易事務に有効なスキルや資格

面接

国際物流の手続きを行う通関士

国内に外国からの物が輸入される場合や、輸出する場合に手続きを行う人々を通関士といいます。税関の代わりに諸々の手続きを行う仕事で、書類の作成や審査等を行ないます。京都など各地の特産品の輸出や、外国車の輸入の際にも事務手続きを行ないます。貿易事務に限らず、旅行業者や金融機関などでも活かせる資格です。

客観的に力を示せる貿易実務検定

個人でも企業でも輸入業に携わる方は多く存在します。そんな中、貿易実務の専門的な知識や能力を端的に示してくれる試験が貿易実務検定です。貿易事務として働きたい人には取得しておきたい検定の一つです。

事務に必須なPCスキル

一般事務でも必要なことですが、PCのスキルは必須といえます。海外からのメール対応や請求書の作成など、これら全てがPCを用いて処理されるので、PCの基本をマスターしておくことをオススメします。

電話応対や書類作成のための語学力

外国とのやり取りをするわけですから語学力は必須です。自身の語学力を客観的に示すために英語検定を取得しておくと良いでしょう。その際は、TOEICで600点以上取る等が有効です。また海外留学体験の有無も転職の際に見られるポイントの一つです。

一般事務で培った経験

一般事務の経験も転職では有利に働きます。事務経験で得られた書類作成能力や対応力、一般常識を重視する企業も多くあります。また、語学力がなくとも経験を活かして事務仕事に取り組み、語学力を磨くという道もあります。

貿易事務の仕事内容を学んでいこう~転職をお考えの方必見~

ウーマン

貿易事務のやりがい

日本は食物や日用品のほとんどを輸入に頼っております。逆に車などの商品を海外に輸出し、多くの利益を挙げています。そんな輸出入業務をトラブルもなくスムーズに行うためにも貿易事務の仕事は重視されます。そうした社会貢献の充実感がこの仕事のやりがいなのです。

履歴書

給与や福利厚生

正社員であれば、社会保険に加入し、有給休暇も支給されます。また給与も一般的な事務に比べ、フリーエンジニアは専門性が高いので、給与が高い傾向にあります。しかし未経験からの転職の場合、給与が低い傾向がありますが、それでも実務経験を積んで仕事を覚えることで仕事を任せられその分給与アップも十分考えられます。

男女

貿易事務への転職の仕方

通関士や英語検定などの検定も貿易事務への転職などに有利に働きますが、もちろん資格がなくとも挑戦可能です。企業によっては語学力より事務経験を重視し、逆に経験よりも資格や語学力などを見たりします。転職を考えている人は、その会社がどういった人材を求めているか確認しましょう。

貿易事務の良いところ・辛い所を知ろう

貿易事務の良い所

貿易という仕事の関係上、取引先の国の文化や祝日等、海外の知識が増える点が魅力です。そうして得た知識を海外旅行など実生活にも活かせられる点が良いところです。

貿易事務の辛い所

取引先にもよりますが、時差が発生してしまうことが辛いところです。こちらが出勤しても向こうは夜中ということもあるので、やや時間に融通がきかない点もあります。PCのメールをマメにチェックして、時差に対応する事も求められます。

広告募集中